cv

白川真吏|Mari SHIRAKAWA

InstagramTwittermail

美術家。1998年静岡県富士市生まれ。 作者である自分を媒体にして、キャラクターというものについて検証し、主に映像やパフォーマンス作品を制作・発表している。 2019年から継続して制作している「『彼女』シリーズ」では、コスプレに用いられる「美少女着ぐるみ」を使用して、オリジナルキャラクターの「彼女」を他者に演じてもらう。作者は画面内にてキャラクターと同じ空間に存在することで、人間の暴力性を引き受けようと試みる。人間とキャラクターの非対称な関係のなかで、キャラクターを人間の欲望を請負うために生まれた商業的な存在としてだけではなく、生物として捉え、彼女(彼)らが持つ権利について作品を通じて考えている。


2023 多摩美術大学絵画学科油画専攻卒業

個展

2021
「そして、愛が」 新宿眼科画廊
「『愛込め♡ミラクルロマンス ( 略 )』についての証明であり、 他者からの干渉を許す為の装置」サイレン 601

グループ展

2019
「众众展」多摩美術大学芸術祭
2020
「Octopus foot wiring」多摩美術大学オンライン芸術祭
2021
「非現実の人たちへ」Art Lab TOKYO
「constellation」イイオギャラリー
「CAF賞2021入選作品展」代官山ヒルサイドフォーラム
「2021年度 多摩美術大学油画専攻3年選抜展」イイオギャラリー
2023
「展示力合宿! in かなざわ」金沢市民芸術村

受賞

2021 CAF賞2021 入選


Mari SHIRAKAWA

InstagramTwittermail

1998 Born in Shizuoka, Japan
2019 Entered to Tama Art University

Solo Exihibitions

2021
“And love” Shinjuku Ophthalmologist(GANKA) Gallery
“‘A Device that Allows Interference from Others that Proofs ‘ With Love♡ Literally Miracle Romance”  siren 601

Group Exihibitions

2019 “众众” Tama Art University
2020 “Octopus foot wiring” Tama Art University
2021
“To unreal people” Art Lab TOKYO
“constellation” Gallery Iio
“Contemporary Art Foundation Award 2021” HILLSIDE FORUM
2023
“Exhibition Training Camp in Kanazawa” Kanazawa Citizen’s Art Center

Award

2021 “Contemporary Art Foundation Award 2021”